ユーザー車検

諸費用+12,000円
 
諸費用=重量税+自賠責保険+印紙代+代書代 
 

自動車の使用者(ユーザー)が行う検査の手続き 国土交通省ホームページからの抜擢です。解説付き

ユーサ゛ー車検って?
平成7年7月より規制が、ゆるやかなり、一般の方も、簡単に受ける事が、出きるようになりました。
自動車の使用者が自ら車を国の検査場に持って行き車検を受けることが出来ます。
驚くことにユーザー車検では、車検前に点検整備を実施しなくても、
国の車検場で車検を受けることができるのです。??

・・・そして、合格すれば車検証が更新され走行できます。
要は、自分で責任を取れるのであれば、やっていいよ〜って事ですね。
大体、初回の車検や、普通に走行でき、なんか変って感じが無ければ、通りますけどね。
ユーサ゛ー車検代行って?
上記のようにユーザー車検は、点検整備無しでも国の車検場は車検を受け付けてくれるので、
ユーザー
の代わりに車を国の車検場に持って行き、車検場での受検を代行して、受検代行の手数料を得る商売です。
要は、隙間商売の為、σ(^_^)は、安い料金にて、承りたいと思っております。
現実的には
門が、広くなったとは言え、結構初めての方は、ビビリますね。
何せ、繋ぎを着た、野郎ばっかり、ですからね。
一般ユーザーに、広く門を開けようとしているなら、土日も、やって欲しい物ですが、何せお役所ですから。
平日のみですね。(~ヘ°)ウーン
ディーラーや修理工場の、車検と何が違うの?
車検=次の車検まで、走っていいよ〜って、定義であれば、何も変わりません

修理工場等では、車検の再に、点検や保守部品の交換等で、工賃を、稼ごうとしているわけですね。
無論、点検は大事ですが、まだまだ使える物や過剰に、交換している修理工場も有るので、注意が必要ですね。
それによって、工賃が上がるわけですが
安くしている為、これは眼をつぶってね。
単なる、お使いと、考えてください。
ようは、車検場へ乗って行って車検のラインを、通すだけです。
無論、この値段ですから、洗車なども行ないません。
東京23区のみの設定です。
その他の方はご相談下さい。
料金は?
こちらです
さて、じゃ頼もうかな?
ありがとうございます。
車検満了日は、「自動車検査証」(通称:車検証)の左下、「有効期限の満了」の欄に書いてある、
年月日です。 車検はこの日から1ヶ月前から受ける事が出来ますので、
当社への予約日もこの満了日から1ヶ月前から予約できます。
問い合わせはこちらに。
当日にご用意していただくもの。
  • 自動車検査証             (通称:車検証です)
  • 自動車税納税証明書         (軽自動車の場合は、軽自動車税納付証明書)
    毎年4月ごろに納税通知の送られてくるものを、銀行等で納めその半券がもらえるハズです。それには「自動車税納税証明書」と書いてあります。車検満了日を対象として一番新しい自動車税納税証明書を用意して下さい
  • 点検整備記録簿            (通常車検証と、一緒に入っていると思いますが)
  • 自賠責保険(共済)証明書       必ず、有効期限のあるものを、ご用意下さい。通常、車検証ケースに一緒に入っていると思われます。尚、無くしてしまった場合や車検切れの方は、必ず予約時にお申し出下さい。その場合、通常より一ヶ月分余分に入れる必要か゛あるので、保険費用が若干(千円程)高くなります。

車検諸費用